介護福祉事業情報ラボNursing care work Information Lab

介護事業者が把握しておきたい施設の見学会参加者が確認しているポイントとは?

2021.12.15
分類:経営

転職を希望する方は次こそは自分に合う職場で働きたいと思っているところでしょうが、介護事業者は転職者を多く獲得するために施設の見学会を開催しましょう。

施設の見学会に参加してもらうことで、応募前に施設の雰囲気や仕事内容を知ってもらうことができ、どのような人が働いているか知ってもらうことができます。

そこで、介護施設の見学会で採用につなげるために、見学会参加者は何を確認しているのかそのポイントについてご説明します。

施設の見学会を開催するメリット

介護施設といっても、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームなど色々な種類があり、施設によってどのような仕事内容になるか異なります。

提供するサービスにより、現場で働いてもらう介護スタッフに求める役割も違ってきますが、転職した後で想像と違っていた場合、また辞めてしまう可能性も出てきます。

しかし事前に施設の見学会を開催すれば、転職のミスマッチを防ぐことが可能です。

介護施設の雰囲気や魅力を知ってもらうよい機会に

求人情報だけでは施設の雰囲気まで感じとることはできませんが、実際に職場に足を運んでもらうことで転職を希望する方に合う雰囲気なのか、介護の仕事の魅力など知ってもらいやすくなります。

現在働いている介護スタッフや利用者の数を比較することや、勤務状況などの確認が可能となれば、安心して働き始めることもできるでしょう。

 

見学会参加者が必ず確認しているチェックポイントとは?

介護施設が見学会を開催したとき、見学会参加者は何をチェックしているのか、そのポイントは次のとおりです。

今働いている介護スタッフの態度や表情

もしも見学した施設で働くことになった場合、現在働いている介護スタッフは転職者の先輩になります。

そのため見学会参加者は、一緒に働くことになるかもしれない人たちがどのような服装や言葉遣いをしているのか、勤務態度は悪くないかチェックしています。

見学中、すれ違った介護スタッフたちが笑顔で挨拶してくれるような施設のほうが、働きやすい職場だと感じてもらえるはずです。

利用者やその家族に対する接し方

介護スタッフ同士は仲がよくても、利用者やその家族に対する態度が悪ければ問題です。

そのため利用者やその家族に対する接し方を見て、先輩として敬うことのできる介護スタッフか、一緒に働きたい人たちか確認しています。

利用者の状態

ずっと放置されていたり片隅でぼんやり過ごしていたりいる利用者がいると、人手不足で質の高いサービスが提供できていない状況にあると判断されます。

人手が足らず利用者に対する配慮ができていない状況では、実際に働きだした後も労働負担が重いと判断され、入職を希望しなくなる可能性があります。

施設の衛生面に問題はないか

施設内の共有スペースは整理整頓が行き届いているか、水回りなど汚れていないかなど、衛生面についてもしっかりチェックされます。常日頃から清掃は丁寧に行うようにしましょう。