介護福祉事業情報ラボNursing care work Information Lab

介護を必要としないための対策全般である「介護予防」の目的とサービスの種類

2022.06.23
分類:その他

「介護予防」とは、介護を必要としないための対策全般のことであり、要支援の認定を受けた方が利用するサービスです。

要介護の認定を受けた方もサービス利用は可能ですが、その場合、要介護状態軽減や悪化防止を目的とします。

介護予防は日常生活を維持することを目的とし、介護を必要とする状態になる前に防ぐために行います。

そこで、「介護予防」によるサービスの目的とその種類について詳しく説明していきます。

「介護予防」で利用できるサービスの種類

「介護予防」とは、利用者の自宅を介護職員が訪問し、介護サービスを提供することが特徴です。

主に「介護予防」には、次のようなサービスの種類があります。

・介護予防訪問介護

ホームヘルパーが入浴介助などの身体介護や掃除、買い物などの生活に必要なことを行います。

・介護予防訪問入浴介護…介護職員と看護職員が利用者宅を訪問し、介護予防を目的とした入浴介助などを行う

・介護予防訪問看護…疾患など抱える方の自宅を看護師が訪問し、介護予防を目的とした療養上の世話や診療補助を行う

・介護予防居宅療養管理指導…医師・薬剤師などが利用者宅を訪問し、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を行う

また、施設に通って利用する次のサービスなどもあります。

・デイサービス(介護予防通所介護)…利用者がデイサービスセンターなどに通って、日中の食事・入浴・排泄などの生活介護を受けるサービス

・デイケア(介護予防通所リハビリテーション)…介護老人保健施設などで日常生活支援やリハビリの他、口腔機能や運動機能訓練など行う

 

施設に短期間入所して利用するサービス

他にも介護施設に短期間入所し、介護予防を目的としたサービスを受けることもできます。

主に次のようなサービスが短期入所による介護予防のサービスです。

介護予防短期入所生活・療養介護

利用者が介護施設や医療施設に短期入所し、介護予防を目的とした日常生活上支援や機能訓練などを受けますが、対象となるのは次のような施設です。

・特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)…食事・入浴・排泄などの日常で必要ちする介護と機能訓練・バイタルチェックなどの日常健康管理、レクリエーションなどを行う

・介護老人保健施設(老健)…入居している方が在宅復帰することを目的としているため、ワンクッション置くために3か月程度が入居の目安

・介護療養型医療施設…病状が安定している長期療養患者のうち、療養上の管理や看護が必要な方向け