介護福祉事業情報ラボNursing care work Information Lab

リハビリを提供する介護事業者である介護老人保健施設(老健)とは?

2021.07.06
分類:その他

介護事業者の中でも、リハビリや医療ケアなどが主に必要な要介護者を受け入れる介護老人保健施設。

食事や排せつなどの介助も行いますが、自宅に復帰するためのリハビリがサービスの中心となることが特徴です。

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)と比べると、入居後に介護サービスを受けることが可能なことは同じでも、介護老人保健施設の場合は在宅復帰が目的なので3か月程度など短い期間で退去することが前提とされていることが大きな違いといえます。

介護老人保健施設とはどのような施設?

介護老人保健施設(老健)は、要介護者が医療機関での入院・治療の期間を経て、自宅へ復帰するため医師による医学的管理の下、看護・介護を提供する施設であることが特徴です。

一般的な介護施設では、入居した後は住まいとして施設を利用し、継続して介護ケアを受けることとなりますが、介護老人保健施設は数か月後に退去することが前提となります。

理学療法士や作業療法士など専門家がリハビリを行い、栄養管理・食事・入浴などのサービスも受けることが可能です。

それぞれの心身状態や目標に合わせ、在宅復帰を目標とした計画によりケアが行われます。

入居期間が限定されているため終の棲家としては利用できず、特別養護老人ホームへの入居待ちに利用する方もいるようです。

 

介護老人保健施設(老健)の特徴

介護老人保健施設は公的な介護保険施設の1つであり、入居期間は36か月と限定的ですが、食事・入浴・排せつといった身体介護や生活援助のサービスも受けることができます。

医師や看護師、リハビリ専門職などによる専門的な医療ケアやリハビリを受けることができるのも特徴として挙げられるでしょう。

自宅に復帰したときの居宅ケアマネジャーとも密に連絡を取り、実際に自宅で問題なく生活できるか確認後、住宅改修や福祉用具の準備などのアドバイスも行われます。

退所前には看護師やリハビリ専門職などが訪問指導を行い、実際に在宅で生活することに向けた支援も行います。

 

特別養護老人ホームとの違い

特別養護老人ホームも公的な介護施設ですが、主に寝たきりなど要介護度が重度の方が利用する介護施設です。さらに入所期間も制限は設けられていないなど、終身的に入所し続けることができます。

特別養護老人ホームにも看護師など配置されていますが、介護老人保健施設のほうが看護師の人数が多く常駐しています。

また、介護老人保健施設には理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職の配置も義務付けられおり、機能訓練設備も充実していることが特別養護老人ホームとの違いです。