建設工事業情報ラボConstruction Business Information Lab

建設工事の中で基礎は重要な部分!その工事内容とその流れとは

2021.07.25
分類:その他

建物の土台づくりに欠かせないのが基礎工事ですが、外装や内装など目に触れる部分だけでなく、最終的に隠れて見えなくなる部分だからこそ、建設工事は丁寧に行うことが必要です。

そこで、建物の土台となる基礎工事とはどのような内容の工事なのか、その流れなどについて説明します。

基礎工事とは

建設工事の中でも基礎工事とは、建物と地面のつなぎ目である土台を作る工事のことです。

すぐに倒れてしまう建物ではなく、丈夫で倒れないようにするために重要な工事であり、まずは地盤調査から始めます。

仮に地盤が軟弱であれば、固い部分まで杭を打つ地盤改良が必要となります。

基礎工事の種類は、建築する建物の性質や地盤の状態などで内容が変わってきますが、軟弱な地盤で行う「杭基礎」と、地盤に基礎を直接作る「直接基礎」の2種類が主に採用されています。

また、直接基礎は「ベタ基礎」「布基礎」「独立基礎」に分けることができ、それぞれ工事の内容が次のように異なります。

杭基礎

軟弱な地盤に採用する基礎工事で、深さ数メートルの固い地盤へ杭を打ち込んでいき、建物を安定させることにより、地震による液状化などで建物が倒壊することを防ぎます。

地盤に掘った穴に鉄筋を挿しこんで杭を作る「場所打ち杭工法」という方法もあれば、既製品のコンクリート杭や鋼杭を埋め込む「既成杭工法」という種類もあります。

ベタ基礎工事

建物の土台とする部分へコンクリートを敷き詰めて行う基礎工事であり、底全体がコンクリートで支えることとなるため、建物の安定性を保つことができます。

また、地震発生により揺れや地盤の不同沈下に強いなど、様々なメリットがあるといえるでしょう。

さらに床がコンクリートなので、地面から発生する湿気やシロアリの侵入なども防ぐことが可能となり、建物の耐久性も強化できます。

布基礎工事

建物の負荷が大きい部分に「逆T字型」の鉄筋コンクリートを埋め込んでいく基礎工事のことです。

ベタ基礎では面で建物を支えますが、布基礎では点で建物を支えることになります。

柱や壁に鉄筋コンクリートを配置するため、地震や風など横から受ける力に対する耐久性を強化できます。

ただし床がコンクリートで覆われるわけではないため、使用する鉄骨やコンクリートは少なめです。

なお湿気がこもりやすくなることから、防湿シートや防湿コンクリートなどによるコーティングを施すこともあります。

独立基礎工事

柱だけを単独で支える工法で、たとえば玄関ポーチの柱など部分的に利用する基礎工事です。