建設工事業情報ラボConstruction Business Information Lab

建設工事現場を監督する立場となる現場監督の行う業務とは?

2020.03.06
分類:その他
建設工事現場を監督業務は、工場の規模によるものの監理技術者を常駐させることが義務付けられています。そのため最低でも1人の現場監督が必要といえ、工事の規模が大きくなれば複数人、現場監督を常駐させなければなりません。 では、建設工事現場の現場監督とは、具体的にどのような仕事を行っているのか、その内容をご説明します。

建設工事現場で作業工程の管理

建設業法では、建設工事を適正に実施するため、施工計画作成・工程管理・品質管理・技術管理・従業員への指導を現場監督が行うことが必要であると規定されています。 そのため、建設工事現場で行う業務の中心となり、指揮を行う立場として現場を管理することが主な業務といえるでしょう。 そして作業を円滑に進めるためには、実際に現場で作業を行う方とのコミュニケーションも大切です。コミュニケーションが不足していることで信頼感を得ることができず、指示に従ってもらえないといった問題が発生すれば、計画通りに工事が進まなくなったり事故が発生してしまったりというリスクを高めてしまいます。

計画書や各種書類の作成

現場監督で行う業務は現場で指揮を行うだけでなく、施工計画書や必要書類を作成すること、予算の決定といった事務作業も含みます。 他にも建設工事を行う上で必要となる地元の方たちに対する説明会の開催や、近隣住人から受けたクレームへの対応なども行いますし、工事に必要な材料を注文するといった業務も現場監督の仕事です。

現場監督に求められる資質とは

原価管理に計画書作成、作業工程管理、安全管理に人員の整理など、現場監督が行わなければならない業務は多岐にわたります。 実施される工事の全体を見通しながら指揮・指導を行う仕事なので、多くの人員を動かすだけのスキルが必要といえるでしょう。 リーダーとしての資質も求められますし、そもそも指導できるだけの知識やスキルがなければ業務は成り立ちません。 現場で作業を行う方が安心して頼ることができる人材でなければ、現場監督は務まらないということです。

現場監督に求められる資格

そのため現場監督に必要とされる資格として、建築士や建築施工管理技士などが挙げられます。実際にどのような工事を行うのか、現場の規模などによっても必要な資格は違ってくるでしょうが、保有している資格が多いほうが知識や技術を保有していることの証明にもなるため、現場の作業員も安心して頼りやすくなるでしょう。