運送物流業情報ラボTransportation Logistics Information Lab

運送会社で働く軽作業員の仕事内容

2021.07.03
分類:総務

運送会社で働くスタッフといえば、まずトラックドライバーを思い浮かべる方がほとんどでしょう。しかし一般企業と同じように、事務員や軽作業員なども働いています。

そこで、あまり知られることのない運送会社の事務員や軽作業員の仕事はどのような内容なのか、その一部をご説明します。

運送会社で働く事務員の仕事

運送会社で働く事務員も一般企業同様に、電話対応や来客受付、パソコン作業などが多いといえます。

来客受付では、持ち込まれた荷物の重さや大きさをはかり、伝票を貼るといった作業も含まれます。また、直接届いた荷物を受け取りに来店した顧客に対し、荷物を渡すこともあります。

電話対応は顧客の質問への応対、再配達などの要望などを聞き、ドライバーにその内容を伝えるといった作業です。

軽作業員と比べれば、荷物の運送もほとんどなく、事務所内の清掃やパソコンによる入力作業などが多いので、肉体的な労働はないことが一般的といえます。

 

運送会社で働く軽作業員の仕事

運送会社で働く軽作業員の仕事は、荷物の積み込み・仕分け・ピッキング作業などが主となります。

また、中型以上の免許を取得している軽作業員の場合、人手が不足しているドライバーに代わり荷物を配送することもあるでしょう。

そもそもトラックに荷物を積み込むときにはフォークリフトを使うこともあるため、その免許を取得している方もいますが、仕分け作業や自らが荷物を積み込むことがほとんどのため特に免許がなくても採用されているようです。

ほとんどの仕事がドライバーのサポートという形で、情報の伝達や電話対応など、事務員と似た業務も担当しますが、顧客と直接かかわることはほとんどありません。

 

職種を問わず免許や資格は取得してもらった方がよい理由

運送会社で働く事務員や軽作業員は、トラックドライバーが取得している中型や大型、フォークリフトなどの免許は必要ありません。

ただ、取得していれば仕事の幅が広がるため、好待遇を期待するなら保有していたほうが有利といえますし、運送会社もそれにこたえることが必要です。

また、運送会社によっては免許や管理者資格の取得をサポートすることに積極的なケースもあります。

運送業界は人手不足のため、事務員・軽作業員・ドライバーと分野を分けていても、その垣根を乗り越えそれぞれがサポートしあいながら仕事を進めていくことが必要なときもあるでしょう。

そのため、職種を問わず免許や資格を取得してもらったほうが、様々な仕事や業務を担当してもらうことができます。