運送物流業情報ラボTransportation Logistics Information Lab

自動車を使う運送事業にも色々な種類がある!ぞれぞれの事業内容とは?

2021.07.04
分類:総務

人々の暮らしの中で、公共の乗り物であるバスやタクシー、トラックといった事業は欠かせない存在といえます。

通勤や通学、普段の買い物、旅行などでもバスやタクシーは利用されますし、宅配便や引越し、食料品の輸送などでトラックは欠かすことができません。

いずれも自動車運送事業であることは同じですが、種類が異なるためそれぞれの事業内容についてご説明します。

バス・タクシーは旅客自動車運送事業

普段人々が公共の乗り物として利用しているバスやタクシーは、旅客自動車運送事業に分類されることになります。

旅客自動車運送事業は、一般旅客自動車運送事業と特定旅客自動車運送事業に分けることができ、他人の需要に応じて有償で自動車により旅客を運送する事業のことです。

路線バスや乗合バスは一般乗合旅客自動車運送事業に含まれますが、団体旅行などで利用する貸切バスは一般貸切旅客自動車運送事業に該当します。

タクシーは1つの契約で乗車定員10人以下の自動車を貸し切り旅客運送する事業となるため、一般乗用旅客自動車運送事業となっています。

 

トラックは貨物自動車運送事業

貨物自動車運送事業とは、他人の需要に応じて有償で自動車を使い貨物を運送する事業のことです。

トラック運送は貨物自動車運送事業に該当することとなりますが、使用する自動車や運送の環境によって次のような種類に分けることができます。

一般貨物自動車運送事業

一般貨物自動車運送事業は、他人の需要に応じ有償で三輪以上の軽自動車・二輪の自動車以外の自動車で貨物を運送する事業を指しています。

一般貨物自動車運送事業(特別積合せ)

一般貨物自動車運送事業(特別積合せ)とは、一般貨物自動車運送事業の中でも営業所などで貨物の仕分・集配を行い、さらに営業所間の運送を定期的に行う運行系統での貨物運送事業が該当します。

路線トラックと呼ばれるものが一般貨物自動車運送事業の特別積合せに該当するといえるでしょう。

特定貨物自動車運送事業

特定貨物自動車運送事業とは、特定の需要に対し有償で貨物を運送する事業のことなので、決まった荷主と契約を結び荷物を運ぶ事業となります。

貨物軽自動車運送事業

貨物軽自動車運送事業とは、他人の需要に応じ三輪以上の軽自動車・排気量125ccを超える二輪自動車を使い貨物を運送する事業のことを指しています。軽自動車の場合、黒ナンバーをつけているのが、この貨物軽自動車運送事業に該当します。