運送物流業情報ラボTransportation Logistics Information Lab

運送ドライバーを採用するために効果的な募集の方法とは?

2021.10.23
分類:総務

運送業界でドライバーの人手が不足していることは深刻な問題として取り上げられがちですが、輸送ニーズの高まりで増加する物流量に対応できる人材を採用していく必要があります。

しかし、運送業の場合には単にドライバー数を増やそうと採用をしても意味がなく、効果的な募集方法を選択することが求められます。

そこで、運送業のドライバー採用において、効果的な募集方法をいくつかご紹介します。

運送ドライバー確保に向けた募集で選びたい媒体

運送ドライバーを募集するときには、どの媒体を選ぶかが重要です。

比較的知名度が高い企業であれば、公式サイトに求人情報を掲載することで、応募者が集まることもあるでしょう。

しかし企業の規模がそれほど大きくない場合には、会社の公式サイトそのものを閲覧される可能性も低いため、SNSなどを使った情報発信も併せて行うことが必要となります。

小規模の企業ならハローワークが有効

地域に密接した小規模の企業の場合には、ハローワークや地元求人誌、新聞の求人欄などを活用したほうが応募者を集めやすいといえるでしょう。

 

運送ドライバー採用に向けた自社の強みを公表

単に運送ドライバーの募集をかけても、採用につながらないのは応募そのものがないからです。

そのようなときには、募集広告自体を見直すことも必要となるでしょう。

他の求人と差別化を図るため、自社の強みを明確に表示し自社の募集が目立つ工夫をしたほうがよいといえます。

たとえば、

・福利厚生を充実させているならその内容

・人材育成に力を入れているなら新人教育の内容

・アットホームな雰囲気が魅力なら従業員のコメント

など掲載すると、より働きやすさをアピールできます。

基本的な条件や待遇なども、より丁寧に記載したほうが募集要項の完成度を高めることにつながります。

 

運送ドライバーの採用基準を見直す

人手不足が深刻化している運送業では、運送ドライバー募集にあたり、採用の基準を見直してみましょう。

経験のある運送ドライバーを雇用できれば、即戦力として働いてもらうことができます。

しかし未経験者やブランクがある方は、採用を見送ることもあるようですが、その基準を見直すことで人手不足を解消しやすくなります。

ドライバーを育てる制度や仕組みを導入し、フォローできる勤務体制など様々な調整は必要となりますが、将来活躍してくれる人材を確保することには有効です。