運送物流業情報ラボTransportation Logistics Information Lab

運送会社の採用基準にSPIは有効?どのようなテストなのか

2021.12.03
分類:総務

運送会社の採用基準として、適正検査である「SPI」を利用するケースも少なくありません。

会社によって求める人材は異なるものですが、反対に入職希望者も実際に働きだしたら想像していた会社でなかったというケースもあり、企業が求める人材と入職希望者が働きたい職場が一致することが理想です。

その判断の目安として用いられるのがSPIですが、具体的にどのようなテストなのかご説明します。

適性検査「SPI」とはどのようなテスト?

運送会社だけでなく、いろいろな業種の企業で採用選考において利用される適性検査が「SPI」です。

企業が人材採用するときに、応募者が保有する能力や人となりを把握するために行う適性検査といえます。

2020年の調査では、87.8%の企業が「適性検査」や「筆記試験」を実施していることからもわかるとおり、多くの企業で活用されています。

適性検査の1つとして、リクルートマネジメントソリューションズが開発したテストが「SPI」です。

SPIでは、

・性格特性

・基礎的な知的能力

など測定できます。

応募者の人となりや、どのような仕事に向いている人物なのか、組織になじみやすいタイプなのかといったことを知ることができるテストです。

SPIの結果で面接などの参考資料にすることもあれば、採用後に入社した後の配属先を決めるための参考として使うこともあるなど、活用方法は色々あります。

 

SPIの種類とそれぞれでわかること

SPIにも種類が分かれており、働くときに必要な知的能力を測定する「能力検査」と、応募者の人となりを知る上で参考になる「性格検査」があります。

能力検査

どのような仕事をするときにも必要な知的能力を測定するためのテストで、「言語分野」と「非言語分野」の2つの問題から、コミュニケーションや思考力や新しい知識・技能の習得など、ベースとなる能力を測ります。

言語分野

言葉の意味や話の要旨を的確に捉え理解することができるかを測るテストです。

非言語分野

数的処理や論理的思考力などを測ります。

性格検査

日ごろの行動や考え方に関しての質問や、どのような人物でどんな仕事や組織に向いている性格かなどを知ることができます。

日常の行動や考え方など複数の項目から質問をし、自分に該当すると考えられる選択をしてもらうことになります。

 

SPIの結果がすべてではない

なお、企業で活躍できる人材か、適正検査だけで判断できるわけではありません。

測定には誤差が出るものであり、自己回答式の測定手法には限界があると考えられるため、あくまでも参考として活用するとよいでしょう。