運送物流業情報ラボTransportation Logistics Information Lab

運送業界では輸送中の破損トラブル発生には十分注意が必要!

2021.04.18
分類:リスク

運送業界では輸送中の破損トラブルが発生しないように努めなければなりませんが、実際には物流の過程において、どのようなタイミングで破損トラブルが起きているのでしょう。

輸送中の事故を増やさないためにも、破損トラブルを防ぐ上で何を行うべきか、メーカーなどが行っている対策などもご紹介します。

破損事故が起きるタイミングとは?

輸送中に起きるトラブルはいろいろですが、その中でも破損事故が起きてしまうタイミングはいつなのでしょう。

破損トラブルの原因として挙げられるのが、落下・振動・フォーク付きあて・転倒・荷崩れ・水濡れ(汚れ・カビ・錆び)・衝突です。

特に荷物を落としてしまうなど、落下による破損トラブルは多くなっていますので注意してください。

 

破損トラブルの原因の多くは落下

破損トラブルの67割を占めるのは落下によるものですが、その他の原因から見ても衝撃が加わったことで破損してしまうことが確認できます。

破損トラブルを防ぐためには衝撃対策を行うことが前提になるといえるでしょう。

破損が起きる場所は、積み込み作業のとき・積み下ろし作業のとき・海外・輸送中・荷役中などが多いようです。

トラックやコンテナで移動しているときよりも、人の手を介したときの方が破損リスクは高くなると理解しておいてください。

 

人が介在する作業で破損トラブルは起きやすい

人が介在する作業のときには、十分に荷物を扱う人が破損トラブルを起こさないよう注意を払うことが必要です。

そして梱包の段階で破損トラブルを防ぐために、次の対策を行ってもらうことも必要といえます。

・ショックウォッチ(衝撃検知シール)や衝撃レコーダーを使う

・梱包強度を見直す(包装設計の見直し)

・取扱注意を促す

・安全研修など教育を行う

・緩衝材で補強する

・安全備品を設置する

この中でも衝撃が発生したことの確認が可能な衝撃検知シールなどのツールを使う企業は多いようです。ショックウォッチに赤変が見られたときには、その場で製品確認と受領書などに記入する形となります。

ただ注意しておきたいのは、あくまでも衝撃による破損の可能性を示すだけで、決定するわけではないということです。

それでも検知した衝撃を残すことができるため、破損があった場合には落下などの衝撃によることを証明できるため、荷を扱う人もより注意しなければならないと考えることにT投げることが可能となるでしょう。