運送物流業情報ラボTransportation Logistics Information Lab

運送機能の「陸運」の中でトラック運送業界は物流に欠かすことのできない存在

2021.04.11
分類:その他

輸送や運送の方法にはいろいろありますが、「人」または「物」を「陸」「海」「空」のいずれかを通って「鉄道」「トラック」「船」「飛行機」のいずれかで運び、物流において「保管」「仕分け」、そして「輸送」されます。

この中でも陸運では、顧客や地域により様々な業務を担い、サービスを提供しており、国内物流に欠かすことのできないのがトラック運送業界です。

様々な問題を抱える中小の運送業者が9割を占めるトラック運送業界

国内物流事業の市場規模のうち、トラック運送事業は全体の約6割を占めるほど大きなものとなっています。

国内貨物総輸送量で見ても、トラックなどの自動車が9割以上を占めるなど、いかに日本の物流においてトラック運送業界が欠かせないものになっているかをあらわしているといえます。

トラック運送の取扱個数はインターネット通販による影響で需要が拡大しており、年々、取扱個数も増え続けています。

そのトラック運送業界の9割は中小企業で、近年は減少傾向にあるとされていましたが、規制緩和で新たに参入する事業者も多く競争は激化しています。

高速道路使用料の負担や環境問題に対する取り組みの重要性などの他、若い世代の労働力は不足しながらもドライバーの高齢化は進むといった、様々な課題を抱えつつ色々な取り組みが行われているといえるでしょう。

 

倉庫の役割もだんだんと変化

陸運において、倉庫による業務と関係も重要です。

倉庫の機能は主に「保管」のイメージが強いといえますが、近年ではだんだんとその機能が薄れ、在庫削減やジャストタイム生産システムなどでリードタイムを軽減させるなど、倉庫に保管する期間を減少させることに注力する企業が増えています。

インターネット通販の需要が拡大したことで、これまでよりも多品種小ロット化しているのに対し、労働力は不足し現場を回すのも一苦労です。

環境への配慮も求められていますが、その対策として環境負荷を抑え大量輸送が可能な鉄道や船舶を使った「モーダルシフト」や、他社商品も含めてモノを運ぶ「共同配送」なども注目されています。

荷主や業者を問わず連携・協力することによって、物流そのものを省力化・効率化させていこうという動きです。

さらに最近では倉庫を使わずダイレクトに消費者へ届けるというケースも増えるなど、様々な仕組みが構築されているといえるでしょう。